浮気は完全には隠せません!!

夫に一度浮気をされた時の怒りが未だに消えず、くまなく浮気チェックするようにしています。まず下着のチェックです。うちの夫は自分の着るものは自分で購入するので、私に黙って下着を新調していたら、浮気を疑います。それからやたらスーツやYシャツにこだわるようになった時も要チェックです。これまでどうでもよかった私服にもこだわるようになったら、浮気をしていること間違いないです。だいたい浮気相手と会うのは、会社帰りだと思います。

 

スーツやYシャツにファンデーションがついている場合もあります。その時の言い訳は満員電車でついたなどと言いますが、電車で女性と向かい合って立つなんてまず無いと思います。それからハンカチにもキラキララメがついていることもありますので、見逃さずチェックです。音楽の趣味が急に変わった時も浮気の兆候だと考えていいと思います。浮気相手の好みを知っておきたいということでしょうね。カーナビの履歴も調べると証拠が出てくるかもしれません。なんといっても浮気の証拠がわんさか見つかるのがスマホです。メールなどを本人は消したつもりでも、他に証拠が残っています。送受信履歴を消し忘れている場合が多いです。それに予測変換機能がついていると、以前に入力して文書がわかる場合があります。
浮気5
『会いたい』や『好き』などを入力すると次に入力したものが出てきますので、それをつなげていけばどんなメッセージを入力したのかが予想できます。それから浮気相手のアドレスは、身内や他の人の名前で入ってます。これは一件一件調べていくしかないですね。画像も浮気相手が写っていなくても、デートで撮ったであろう、風景や食事が残っている場合があります。後は帰宅してごはんを食べなくなったというのも怪しいです。デートで食事を済ませてきている可能性があります。

浮気の証拠探しは一体何を調べる?

浮気をされている場合は、「残業」「飲み会」「休日出勤」「ゴルフ」など、仕事やその関係のつきあいを装い、その間に行われていることがほとんどです。

 

本人の態度がよそよそしい、なにかぎこちない、冷めているなど態度に表れればわかりやすいですが、必ずしもそうとは言えません。
真面目な人ほど、浮気は長く続き、そのうち本気になることもあるのです。
確実な浮気の証拠としては、ひとつではなくいくつもの証拠が必要です。

 

まずはお財布の中のレシートです。

レシートでプライベートで購入したものが分かります。
例えば、ケーキを二つ買っている、ワインなどお酒、レディースの服やアクセサリー、靴など見覚えのないレシートがあれば疑ってみましょう。
また、スーツのポケットにもそうしたレシートが忘れたまま入っていることもあるのでチェックです。カバンの中も同じです。

 

一番分かりやすいものがスマホや携帯です。

メールや着信履歴をチェックすれば、送受信メールを消していなければ証拠が残されています。
証拠を見つけた場合は、コピーするなどしてとっておきましょう。
後々離婚をもし考えるのであれば、コピーは必須です。
本人に問い詰めて証拠が消される前の行動が大事です。

 

また、スマホにはGPSが搭載されているものがほとんどです。
スマホをどこかに落とした場合、追跡出来るアプリがあります。
どこにいるか調べたいとき、そのアプリを活用すると分かります。
浮気6
他にも帰ってきたときにシャンプーの香りがする、飲み会と言っていたのに一切お酒の臭いがしないなど、疑う要素はあります。
怪しいと思ったら、やりやすいものから調べてみましょう。

 

いずれも証拠探しはバレないようにしばらく進めることが大事です。
誤魔化されてあやふやにされる前に、こちらが有利になるように決定的な証拠をつかんでおきましょう。